アラフォー女性は売れ残り?

アラフォー女性は売れ残り?まずは12項目の性格チェックから!

まだ結婚できる?そんな余裕もいつまで続くか分かりません。アラフォーくらいになると婚活成功率もグッと下がると言われていますので、性格などで改善できる部分は改善していきましょう。基本を抑えずに婚活は成功せず、です。

 

 

教えてGooや小町などの恋愛・結婚系のトピックで、よく話題として上がっているポイントをまとめてみましたのでチェックしてみてください。料理など家事のスキルよりも重要なことだと思います。

 

12項目の性格チェック!

 

  1. 人の話を最後まで聞かない
  2. 自分の話ばかり
  3. 他力本願(頼ることしか考えてない)
  4. 自分を守る発言(言い訳)ばかり
  5. 要望が多く、不満が多い
  6. プライドが高い
  7. 他の人間を見下している
  8. 「いや」「でも」など素直に相手を認めない
  9. 「優しさ」と「余計なおせっかい」を混同してる
  10. 歳に合わない悲劇のヒロイン
  11. 男性がウンザリする「どうせ私なんて」
  12. イケメンじゃないと絶対に嫌だ

 

それでは、一つ一つ見ていきましょう!

 

1.人の話を最後まで聞かない

人の話を最後まで聞けないと「ちゃんとした話し合いができない」
と思われてしまいますので、これは結婚相手として致命的です。

 

 

途中で人の話をさえぎることが癖になっている女性もいますが、
まず良いことは一つもありませんので、相手が話している時は、
必ず相手の話を最後まで聞いてから自分がしゃべりましょう。

 

 

2.自分の話ばかり

上記と少し似ていますが、いつも自分が中心じゃないと気が済まず
自分の話ばかりしている女性は、美人でもモテませんよね。

 

 

自分だけ話してスッキリできればいいという考え方は
周囲の人間も引いていきますので気をつけたいところです。

 

 

余談ですが、以前、ある友人の誕生日パーティで、
主役を祝うめでたい日なのに、失恋の話を開始しちゃった女性がいて
あれは周囲の人間全員がドンビキでしたね。

 

 

3.他力本願(頼ることしか考えてない)

まれに、結婚後の生活について、男性に頼る気まんまんの姿勢の
アラサー、アラフォーの女性がいます。

 

 

男性はこの手の女性の頼る気まんまんオーラには敏感ですので、
「頼る」という姿勢ではなく「一緒に頑張ろうね」という立場で
接してみるのが婚活成功のコツですね。

 

 

若い女性でさえ、一緒に頑張る姿勢を見せている女子が増えている中、
30代過ぎで依存心丸出しでは、100%若い女性に勝てません。

 

 

4.自分を守る発言(言い訳)ばかり

何かにつけて自分を守ろうとする人がいますが、
間違っていることは、無理に言い訳などせずに、
自分の非を素直に認める方が好かれます。

 

 

特に、男性は女性よりも論理性を重視するので、
矛盾だらけの自己正当化は男性をイラつかせる原因にもなります。

 

 

5.要望が多く、不満が多い

妥協したほうがよいというわけではないのですが、
要望が強すぎると、その分だけ、現実に直面した時の不満も強くなってしまい、
自分を納得させることができなくなってしまいます。

 

 

けどこれは、「期待しなければ裏切られることもない」というような
自己陶酔っぽい意味ではなく、あくまでも、
過度な要望は危険という意味ですね。

 

 

6.プライドが高い

プライドについては、基本的に女性より男性の方が危ない面が強いですが、
女性でもプライドが異常に高くて捨てられていない人っていますよね。

 

 

それだど、男性とモロにぶつかってしまう可能性があり、
外国人男性と違い、日本人男性は、プライドの高い女性を好まない傾向があります。

 

 

意地を張りすぎず、あっさりと負けを認めることも、
30代以降、アラフォー女性の魅力とも言えますよね。

 

美人なのに売れ残る意外な理由2パターン!

 

 

7.他の人間を見下している

本人が無自覚で他人を見下していることがあります。
もちろん当の本人はそんなつもりはないのですが、

 

 

周囲から見ると「何で上から目線で他人を評価してんだよ?」

 

 

と、捉えられてしまうこともあるようです。
もしもふと気付くことがあったら、見下してる感じが出ないようにしましょう。

 

 

8.「いや」「でも」「だって」など素直に認めない

「いや」「でも」「だって」など、子供がよく使うようなフレーズは、
精神的に大人の男性であればあるほど避ける傾向があります。

 

 

「いや」「でも」の後には反論が続き、
「だって」の後には自分を守る言い訳が続きます。

 

 

たまになら良いかもしれませんが、頻繁にこの口癖が出ると
相手もウンザリしてしまいますので、できれば封印した方がよいですね。

 

 

9.「優しさ」と「余計なおせっかい」を混同してる

よほどの甘えん坊か、ドMな属性じゃない限り、
男性はおせっかいを焼かれることを嫌います。

 

 

指示されたり、命令されたりすることに抵抗があるみたいなんですね。

 

 

女性は優しくしようとして接していても、相手が望んでいないなら、
つまりそれは「余計なおせっかい」ということになります
ので、
大人ぶって勘違いした優しさを出さないよう気をつけた方がよいでしょう。

 

 

「よかれと思ってやったのに…」なんて言ったところで、
結局自分の思い通りにしたいだけですものね。

 

 

10.歳に合わない悲劇のヒロイン

これはもう痛いですね。例えば、

 

 

アラフォーの男性が高校生みたいにイキがっていたらドンビキすると思いますが、
同様に、アラフォーの女性が悲劇のヒロインを気取っていたら男性は間違いなく引きます。

 

 

失恋の話とか、辛い話の場面で、
どうしても自分を悲劇っぽく語りたくなる女性が多いですが、
聞いてる側は「うわぁ、あいたたたた」と思っていますので、
年齢にそぐわないキャラや雰囲気は出さないようにしましょう。

 

 

11.男性がウンザリする「どうせ私なんて」

これも上記と似ていますね。
いわゆる「すねる」という行為です。

 

 

ごくたまになら可愛いかもしれませんが、頻繁にすねていたら
さすがに男性も結婚意欲も消えると思われます。

 

 

12.イケメンじゃないと絶対に嫌だ

これは自分の内面のことではありませんが、
イケメン願望が強すぎるのは、ハッキリ言ってかなり危険です。

 

 

結婚後は数年もすれば身なりも適当になってきますので、
見た目よりは、経済面や性格面を重視して相手を選ぶ方が幸せになれるでしょう。

 

 

まとめ

以上12項目の性格チェックリスト、あてはまる項目はあったでしょうか。
多ければ多いほどヤバイことになりますので、
手遅れにならないうちに、まだ間に合ううちに、
改善できそうなことは日ごろから意識しておくだけでも違いますよ!

 

関連記事

 

 

Topへ⇒売れ残り女が無料婚活サイトから結婚したシンプルな3つの手順!