40代女性が婚活するうえで必須の成功法則6点

40代女性が婚活するうえで必須の成功法則6点

昨今は、晩婚化されており、40代から婚活をはじめる女性も少なくありません。そこで、この記事では、そんな40代女性が婚活を成功させるうえで絶対に必要な行動や考え方を書いて見ます。

 

40代女性の婚活

 

40代の女性が婚活するにあたって

 

  1. できるだけ同年代を選ぶ
  2.  

  3. 理想は下げざるを得ない
  4.  

  5. 若い女性に負けない「差別化」された強みを作る
  6.  

  7. やってはいけないアピール
  8.  

  9. 焦ってる感じを出さない
  10.  

  11. 同時進行で婚活する

 

 

 

できるだけ同年代を選ぶ

 

同年代

 

同年代を選ぶというのは基本中の基本です。
まさか、40代で婚活をしている女性が、

 

 

希望男性の下限の年齢を25歳とかにしていたら
確実に勘違い女だと思われます。

 

 

男性も女性も、年を取れば取るほど
若い人間に魅力を感じる方が増えますが、
世代のギャップもありますし、
自分の年齢のプラスマイナス5歳を狙う方が
現実的で成功率もアップします。

 

 

中には、「よく周りから若く見えると言われる」
などの理由から、『私はまだ若い』と思い込む女性もいますが、
それは「社交辞令を勘違いした痛い女性」です。

 

 

また、女性向け雑誌でよくある

 

 

「40代から輝く女性へ」

 

 

みたいなフレーズに騙されてはいけません。
ああいう雑誌は、

 

 

女性を気分よくさせないと売れないので
耳障りのよい言葉を並べているだけです。

 

 

雑誌だけじゃなくテレビなどでもそうです。
これらのメディアは、妄想を抱かせるようなことしか言わないので、
まどわされずに現実を見ていきましょう!

 

 

理想は下げざるを得ない

 

理想を下げる

 

上記では、現実性について書きましたが、
婚活マーケットについての現実を分かり易く書きます。
ズバリ!婚活における男女の価値についてです。

 

 

この価値を勘違いしていると婚活は絶対に成功しません。
もうストレートに書いてしまいますが、

 

 

  • 男性=収入
  • 女性=若さ

 

 

です。上記の要素が婚活市場における価値です。
ここはもうキレイゴト抜きでいきましょう。

 

 

つまり、
40代の女性で、希望条件が「年収1000万」
とかは果てしなく無理です。

 

 

例えば、年収1000万クラスの勝ち組男性は、
ほぼ間違いなく20代あたりの若い女性を狙っています。

 

 

このあたりを勘違いして高望みをしていると
出会いやチャンスもなかなか作れませんので、
冷静になって戦略を考えていきましょう。

 

 

若い女性に負けない「差別化」された強みを作る

 

差別化

 

婚活では圧倒的に女性は若い方が有利ですが、
それを覆すためには、

 

 

他の女性が持っていない「差別化」された強みを作る必要があります。

 

 

とはいっても、そこまで難しいことではありません。

 

 

婚活サイトに登録している男友達にお願いして
女性の検索をしたことがあるのですが、

 

 

「男性が求める基本的なこと」を
アピールできていない女性が多いです。

 

 

時代は変わってきているとはいえ、
日本人男性が女性に求めるポイントは
そんなに変わっていません。

 

 

例えば、一番分かり易い例を挙げるならば、

 

 

料理をしない女性が増えているからこそ、
「料理のレパートリーが豊富です」と書くだけで、
たったのそれだけでもライバルとの差別化になります。

 

 

他には、なんだかんだいっても、
今の時代の男性は、ほとんどが
古風な母親に育てられている人が多いです。

 

 

だから、

 

 

「母に厳しく育てられたため、
小さい頃から家事を手伝わされており
家事全般を自分がこなすのは
普通なことになっています」

 

 

のような、基本アピールだけでも、
今の時代からすると「貴重な女性」になるので、
男性からしても非常に価値がある存在になります。

 

 

ただ、これを読んで

 

 

  • 料理なんてできない
  • 料理のレパートリーなんて多くない

 

 

と思った女性もいるとは思いますが、
現時点でできている必要はありません。

 

 

婚活をしていて出会った男性を付き合うことになっても
一緒に住むようになるには、少なくとも半年はかかります。

 

 

その間に、修行しておけばよいわけですね。
自分のスキルも高まるのでとても良いことだと思います。

 

 

やってはいけないアピール

 

金がかかりそうな女

 

40代以降の女性が婚活をするうえで
絶対にやってはいけないアピールがあります。
それは、

 

 

  • 現実的じゃない(時代の変化を分かっていない)ことを書く
  • 金がかかりそうなことを書く

 

 

上記の2点がやってはいけない基本的なことになります。
例えばもっと具体的に書くならば、

 

 

  • 朝起きるのが苦手
  • 料理はできません
  • 年に1回は海外旅行したい
  • ありのままの私を認めて欲しい
  • 買い物でストレス発散が趣味です

 

 

これでは、明らかにただのワガママ娘か、
努力を放棄した人間だと思われてしまいます。

 

 

たしかにネット婚活で正直にプロフィールを作るのは大事ですが、
あまりにも要望が強すぎると、相手にされません。
そんなことだったら、まだ書かない方がマシとも言えます。

 

 

プロフィールについては、
無料登録して作って放置しておけばよいだけですが、
あまりにも男性からのメールが届かないようならば、
見直しも必要になってきます。

 

 

そういった意味でも、無料婚活はオススメなんですね。
理想を修正するのにも役立ちます。

 

 

焦ってる感じを出さない

 

焦り

 

婚活を続けていて、良い結果が出せず、
焦ってしまう気持ちというのは分かります。

 

 

実際、私自身、「もう誰でもいいから結婚したい…」
くらいに追い詰められた時期もありました。

 

 

ただ、もうご存知のとおり、

 

 

男性でも女性でも「焦り」が見える人ってのは
絶対に100%モテません。

 

 

同時進行で婚活する

 

同時進行で婚活

 

普通の恋愛は同時進行をしたら倫理的にマズイですが、
婚活では「同時進行で出会いを作っていく」のが普通です。

 

 

一応注意ですが、これは、

 

 

同時に複数の男性と付き合う、
という意味ではなく、
同時に出会いを作っていく、
ということです。

 

 

まだ彼氏、彼女の関係になっていないなら、
同時に出会いを作って、
複数の男性とデートする関係になっていても
何も問題はないですし、誰もがやっています。

 

 

むしろ、1人の男性だけに時間をかけて、
その恋がダメだった時は、
多大な時間のロスになりますし、
メンタルダメージがヤバイことになります。

 

 

サイト内でメールのやり取りをしていて
そこそこ気が合いそうな男性ならば
積極的に出会っていきましょう。

 

 

実際に出会ってみないと分からないことは非常に多いです。

 

 

メールでのやり取りの時点では誠実だったのに
会ってみたらチャラいアホ男だった

 

 

って場合もありますし、その逆で、

 

 

メールではあまり好印象ではなかったけど、
会ってみたら面白くて気が合う男性だった

 

 

という場合もあります。

 

 

とにかく出会いの数を増やしていくのが
40代女性が婚活を成功させるうえでの秘訣です。
不安があるのは誰もが同じですが、
どんどん行動していく以外に道はありません。

 

 

Topへ⇒売れ残り女が無料婚活サイトから結婚したシンプルな3つの手順!